体の異変に気づいたら病院へ行こう

身体の調子は突然悪くなることよりも、徐々に症状が出てくることが多いです。今までと違った違和感を覚えたときには病院へ行って確認してみましょう。自分の身体だからこそ。普段と違った違和感は覚えることができます。脳腫瘍や下肢静脈瘤など病気は早期発見ができるほど悪化を防ぐことができます。

かかったら怖い病気3選

聴診器

風邪の悪化から気管支炎や肺炎になる

風邪は誰にでもかかる病気だから、と軽くみている人も少なくありません。軽くみていて初動が遅れた風邪が悪化して二次感染を引き起こしてしまい、気管支炎や肺炎と重症化するケースも少なくありません。風邪だからと軽く考えずに医療機関で診察をしましょう。

感染力の強いインフルエンザ

風邪に似ているインフルエンザと気づかず過ごしていたら、家族や職場の人など感染させてしまう危険性もあります。免疫があるといわれている6ヶ月未満の赤ちゃんでも発症することもあり、症状が重くなってしまいます。赤ちゃんや高齢者はインフルエンザでも命の危険を及ぼすこともあるため、家族が一丸となってマスクや手洗い、うがいを徹底的に行い予防しましょう。

背中や腰の痛みは大動脈解離などの可能性あり

背中や腰に激しい痛みがある、痛みが続いているときには、どこかにぶつけたかなとまずはイメージしませんか。実は内臓の痛みは、身体が病気のサインを出していることもあります。痛みの場所によって、心筋梗塞や大動脈解離、すい臓疾患などさまざまな病気が発症している恐れがあります。整形外科などに通っても症状の改善が見られないときには、内臓疾患を疑ってみましょう。

脳腫瘍など病気の悪化を防ごう【治療の重要性を知る】

カウンセリング

がん治療の専門「池袋クリニック」の特徴

池袋クリニックでは、がんの治療方法として標準治療と免疫療法を行っていきます。
標準治療は、手術や放射線治療そして薬物療法を単独で行うこともあれば、症状や進行度に合わせて組み合わせて治療を行います。免疫療法は自分の細胞を使うため身体への負担が少なく、副作用の心配もほとんどありません。
標準治療と免疫療法を併用し、継続的な治療を行っていきます。ひとりひとりに合った方法を状況に合わせていきながら、QOLの高い生活を目指していきます。

広告募集中