日頃の運動で糖尿病症状を緩和【健康のために欠かせないコト】

聴診器

糖尿病の改善に役立つ運動

糖尿病の症状で、初診に向いている科は内科で、食事療法と運動療法による生活習慣の改善が基本となります。まずは、短時間からでも構わないので、全身を動かせるストレッチなどから始めますが、医療機関によっては、理学療法士やスポーツインストラクターなどがサポートしてくれます。糖尿病患者にとって、肥満体を改善させるにも、脂肪燃焼効果が高く、なおかつ、十分な酸素を取り込める有酸素運動が適しています。ウォーキングやジョギング、水泳などの運動が最適で、飽きがこないよう、季節も含め、その時々に合ったスポーツを取り入れるのも良い方法です。血糖コントロールが不安定であれば、時間配分を控えめにしたり、血糖の推移を医師の指示を仰ぎながら観察したり、できる限り毎日の取り組みが大切です。この結果、体内の糖や脂肪が燃やされて、内臓脂肪も減少しやすくなるなどの改善が期待できます。

医師と看護婦

有酸素運動が奨励されてい理由

医療機関で2型糖尿病の診断を受けた人は、インスリンの分泌量が少なく、血液中にブドウ糖が余り、肥りやすくなります。診療科においては、有酸素運動による治療を推奨しており、血液中のブドウ糖が使われて、血糖値を下げる効果というのが、筋肉による取り込みで改善されています。そのため、多くの筋肉を使う運動、特に、安全性の高い有酸素が医療機関で推奨されています。インスリンの働きがよくなり、血糖値が上がりにくくなるだけでなく、有酸素は内臓脂肪の消費に必要な酸素を取り込みやすい魅力もあります。また、糖尿病による肥満では、体を支える関節にまで負担がかかりますし、ストレスとの関係も問題視されています。医療機関によって推奨されるのも、適度に汗を流すことや、景色を眺めながらのウォーキングやジョギングなどは、ストレスまで解消できることも一利あるからです。バランス機能までもが向上するため、高齢での患者への療法にも適している意見が多く聞かれています。

広告募集中